(衝撃)亀田興毅が現役復帰を宣言!経緯、引退後の職業/年収は?

(衝撃)亀田興毅が現役復帰を宣言!経緯、引退後の職業/年収は?

あの元世界3階級王者の亀田興毅氏が現役復帰をする旨、元旦から衝撃のニュースが報道されています。いったい、どのような経緯で発表されたのか?そして現在の職業は何をしていて、年収はどれくらいなのか?まとめてみました。

きっかけはAbemaTVの企画?

プロボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏が1日、インターネットテレビ局「AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負」で、現役復帰することを発表しました。
興毅氏は、この日一般人を相手に1000万円を争った弟・大毅氏の試合や、「亀田一家の1日」を振り返り、「みんなすごい戦いをしてくれて、自分も色々思うところがあって、最後やり残したこと、やらなければならない試合があるんじゃないか」と語り、続けて「どういう形になるか分からないが、できるのであればもう1回リングに上がろうと。現役復帰しようと思う」とサプライズ宣言!
「これ以上先は、こうご期待で。最高の1日になりました。これからもさらなる盛り上がりをみせると思うので、ボクシングをよろしくお願いします」と挨拶を終えました。
興毅氏は詳細こそ語らなかったが、突然の現役復帰宣言に場内にどよめきの声が上がっていました。
興毅氏は03年にプロボクサーとなり、元WBA世界ライトフライ級、元WBC世界フライ級、元WBA世界バンタム級の3階級を制した。15年10月に河野公平に敗れ現役引退した。

スポンサーリンク

引退後の仕事は?年収はどれくらい?

現役時代は、ファイトマネーが1試合あたりMaxで約1億円あったことをAbemaTVの別の企画で公言している興毅氏。このような大きな試合が年に数回あったと考えると当時の年収は数億円レベルでしょうか?
一方、引退後はほとんど無収入と同企画で話をしていました。とはいえ、後輩への指導、テレビ出演、ボクシング関連のイベント出演等を数多くこなされているようなので、年収は数千万レベルなのではないでしょうか?特にテレビの出演料は知名度の高さからかなりの額が設定されているようで、1回あたり150万円とも言われています。

今後のご活躍に期待

2016年の5月にAbemaTV1周年記念企画として制作された特別番組「亀田興毅に勝ったら1000万円」企画以降、ほとんど体を動かしていなかったと話す興毅氏。弟の大毅氏曰く、試合時のフットワーク等の動きから見るに、同企画時の動きは全盛期の1割のレベルにも満たなかったようです。今後どこまで全盛期の動きまで近づけるか、そしてどのような新しいボクシングを見せてくれるのか。非常に楽しみですね!

ライフカテゴリの最新記事