禁酒の日|トランプ大統領は一滴も飲まない?飲酒の健康リスク/適量は?

禁酒の日|トランプ大統領は一滴も飲まない?飲酒の健康リスク/適量は?

本日1月16日は「禁酒の日」ですね。

新年会シーズン真最中の今日この頃、アルコールを通してコミュニケーションを図り新年のスタートを切っている方も多いのではないでしょうか?

適量であれば健康に良いと言われているアルコール。しかし、先日英ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取がDNAを損傷して、がんのリスクを高めると発表しました。トランプ現大統領も一滴も飲まないと言われているアルコール。

この「禁酒の日」という機会を使い、禁酒の日やトランプ大統領のアルコールに関するエピソード。また、最新の研究結果も踏まえ、アルコールに潜む健康リスクについてまとめていきたいと思います。

禁酒の日の由来

1月16日が禁酒の日に定められた由来はなんだと思いますか?

禁酒の日だからその日だけ禁酒するのでしょうか?

それとも、今後一切飲まないよう全員で禁酒を考える日でしょうか?

禁酒の日の由来は、年末の忘年会やお正月、新年会とお酒をのむ機会が続いた1月中旬、飲みすぎたからそろそろ肝臓を休めないといけないとか、散々お酒を飲んだ後で「禁酒する!」と宣言をする日だからではありません。

では、「禁酒の日」にどんな由来と歴史があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

禁酒の日の由来とその歴史とは?

禁酒の日が1月16に定められたのは、1920年1月16日にアメリカで施行された禁酒法に由来します

日本の「禁酒の日」がアメリカの法律に由来しているというのは意外ですよね。。。

禁酒法とは、酒類の製造販売・流通を禁止するものです。

しかし、無いといえばどうしても手に入れたいと思うのは、誰でも何処でもいつの時代でも共通です。

そんな人々の心の隙を狙って、禁酒法の施行の裏でギャングによる密輸や密造が横行し、また、粗悪な密造酒などにより命を落とすことさえおこるようになっていきました。

アルコール依存症やアルコールによる暴力などの悪い面を無くすための法律が、別の大きな悪をもたらすことになりました。

結局1933年にこの法律は廃止となりました。しかし、日本の禁酒の日の由来となりました。

アメリカの有名なギャングのアル・カポネや舞台・映画の「シカゴ」の時代です。

昔の話のようですが、約100年前の頃のことですね。

このようなギャングの出現があり、禁酒法は1933(昭和8年)2月に廃止されました。

それ以降、禁酒法が実施される前のアルコール製造業者が再開し、アメリカンラガースタイルのビールが導入されました。

大正12年頃、日本も不景気で社会が不安定になり、生活の悩みや将来の不安を飲酒に逃れる人が増えてきました。禁酒運動家の「成瀬才吉と河本正二」が発起人となり、

資産家の綱島長次郎が『岡山禁酒会館』を建てました。禁酒運動の拠点となる『岡山禁酒会館』は平成14年に国の登録文化財になりました。

「禁酒の日」の由来となった禁酒法が制定された背景はアルコールによって引き起こされる問題を無くそうというものでしたが、今の時代でもその問題は変わらずあります。

 

その影響もあってか、実はまだ一部のアメリカの州では現在でも禁酒法の名残が残っており、私が住んでいる南部の州は日曜日のワインやリキュールの販売が中止されています。理由は日曜日は教会へ行きお祈りをする日なのでアルコールは必要ないからです。

アルコールへの取り締まりは、引き続きアメリカでは続いているのです。

トランプ大統領がアルコールを嫌う理由

やや意外な印象もありますが、トランプ氏は酒を飲まず、たばこも吸わないようです。そのきっかけとなったといわれているのが兄の死です。トランプ氏の兄、フレッド・ジュニア氏はパイロットだったが、アルコール依存症になって43歳の若さで亡くなった。英BBC放送などによると、トランプ氏にとって非常にショックな出来事で、それにより酒もたばこも避けるようになったといいます。

トランプ大統領のアルコールに対してのコメントが下記です。

今まで私はお酒は飲んだことがない。憧れもなく、興味もない。タバコも吸ったことない。これは兄の影響によるもので、彼が自分を導いてくれた。兄はアルコールの影響で壮絶な人生を送った。彼は強い人間だったにも関わらずそうなってしまった。私は兄からアルコールの怖さを学んだのだ。

(原文)

“To this day, I’ve never had a drink, and I have no longing for it. I have no interest in it. To this day, I’ve never had a cigarette . . . He really helped me. I had somebody that guided me. And he had a very, very, very tough life because of alcohol. Believe me – very, very tough, tough life. He was a strong guy, but it was a tough, tough thing that he was going through. But I learned because of Fred. I learned.”

Source; Trump cites brother’s struggle with alcohol in talking about addiction

 

飲む量は関係ない?アルコールで癌のリスクを高める判明

1年で最もお酒を飲む機会が多くなると思われる年末年始のこの時期、気になるニュースが報じられました。アルコールが、DNAを損傷してがんのリスクを高めるという内容です。英ケンブリッジ大学のケタン・パテル教授率いるチームが、英MRC分子生物学研究所で行った研究について、科学誌『ネイチャー』に発表しました。

これまでも、アルコールの摂取ががんのリスクを高めることは指摘されてきたようです。アルコールを摂取すると、分解する過程でアセトアルデヒドが生成される。このアセトアルデヒドがDNAを損傷することは、培養細胞を使った研究で確認されていた。しかしそのメカニズムははっきり分かっていなかった。今回初めて、パテル教授のチームがマウスを使い、生きている臓器の反応を確認。納得いく説明ができるようになったといいます。

パテル教授は、「がんの中には、幹細胞のDNAの損傷が原因でできるものもある。DNAの損傷はたまたま起こる場合もあるが、今回の研究は、アルコールが損傷リスクを高める可能性があると示唆している」と、MRC分子生物学研究所に話している。研究チームがマウスにエタノールを投与したところ、エタノールが造血幹細胞のDNA二重鎖を切断。細胞内のDNA配列は、元に戻らない状態に壊されてしまったという。

安全な飲酒量はないのか?

パテル教授は、アルコールを効果的に処理できないことが、DNA損傷のリスクを高め、特定のがんにつながる可能性があるということが今回の研究で強調された、と発表文の中で述べています。ただし、「アルコール処理やDNA修復のシステムは完璧ではなく、こうした自己防衛機能がきちんと作用している人であっても、アルコールが原因でがんができる可能性はあることを忘れてはならない」と注意を促している。

英国のがん研究所は、アルコールとの関係が特に指摘されているがんの種類として、口腔がん、咽頭がん、食道がん、乳がん、肝臓がん、大腸がんを挙げている。そのリスクは、ワインやビール、蒸留酒などアルコールの種類とは無関係で、飲む量についても「がんに関しては安全な飲酒量などない」と断言している。ただし、英国には政府が定めた飲酒のガイドラインがあり、ここで規定している量以下であればリスクは低くなる、とがん研究所は述べている。

目安としての飲酒量

英国政府のガイドラインが推奨する飲酒量は、1週間で14ユニット以内(1ユニットは純アルコール8グラムなので14ユニットで112グラム)。

日本で売られているアルコール度数5%、350mlの缶ビールなら1缶あたり1.75ユニットとなり、8缶で14ユニットという計算になります。750ml入りのボトルワイン(13.5%)は約10ユニット、175mlのグラスワインでは約6杯分で14ユニットになる。このほか、ウィスキー(40%)で25ml、焼酎(25%)で40ml、日本酒(15%)で67mlが1ユニットに相当する。ウィスキーなら700mlボトル半分、焼酎は900mlボトル半分強、日本酒はカップ酒5杯程度が1週間分の目安になります。

なお、厚生労働省は「節度ある適度な飲酒」を「1日平均純アルコールで20グラム程度」としており、1週間分(7日)に換算すると英国ガイドラインより多くなっているのです。

各お酒の目安

・ビール(アルコール度数5%)…中ビン1本(500ml)

・ワイン(アルコール度数14度)…1/4本(約180ml)

・缶チューハイ(アルコール度数5%)…1.5缶(約520ml)

・日本酒(アルコール度数18度)…1合(180ml)

・焼酎(アルコール度数25度)…0.6号(約110ml)

・ウイスキー(アルコール度数43度)…ダブル1杯(約60ml)

また週に2日は休肝日を作るように推奨しています。この値が策定されたのも、今からおよそ15年前ですから、最新の医学研究が反映され、また世界の動きに準じるようになれば、改訂されるのではないかと思います。

従い、がんのリスクを考えて飲酒するなら、少なめに設定している英国のガイドラインも考慮に入れた方が良さそうですね。

健康カテゴリの最新記事