就活│TOEICのスコア低いとヤバイ?最低何点あればいいの?

就活│TOEICのスコア低いとヤバイ?最低何点あればいいの?

「エントリーする時のTOEICのスコア書くとこあるけど、自分のスコアが足切りライン超えてるか分からない。どうしよう!?」

この記事を見に来てくれたあなたは、就職活動でどのレベルの点数が求められるのかが気になっていることでしょう。

そもそも入社後に英語は必要なの?

TOEICの運営団体であるETSが上場企業を対象に行った調査によると、75%の企業が普段の業務で英語を使用しているようです。

製造業/非製造業別にみると、製造業58.2%に対して非製造業30.9%。製造業(メーカー)の方が英語を普段の業務で使っているという結果。これは、事業のグローバル化が進み、メーカーで販売/生産拠点を海外へ設けている企業が増えていることに大きな要因があるでしょう。
つまり、大部分の企業、特にメーカーにおいて英語を利用した業務は少なからず存在するということです。

就職活動に置き換えると、メーカー志望の学生は英語力のアピールは有効であり最低限の英語力を求められる可能性が高いということです。

TOEICは就職活動で不可欠

このことについては、あなたも肌感覚では感じているのではないでしょうか。先輩に就職活動の話を聞くと自身の経験から「TOEICの点数はあるにこしたことがない」と言う人は少なく無いですし、OB訪問をすれば多くの先輩社員が「学生時代に英語は勉強しておくべきだよ」と言うと思います。

TOEICの運営団体であるETSが上場企業を対象に行った調査によると、約7割の企業が採用時にTOEICの点数を参考にしています。また、入社時に期待するスコア(平均)として2011年時点で550点、2013年時点で565点という結果がでていることから、今後就職活動を行う人は

TOEIC 600点(最低550点)

を目安にスコアを取得するべきといえるでしょう。

スポンサーリンク

大企業の中には具体的な点数を公表している企業も

下記の一覧をご覧ください。

企業が求めるTOEICスコア

900以上
Panasonic(国際広報担当)860以上
野村ホールディングス(グローバル型社員)富士通(海外出張)三菱商事(社内留学)830以上
京葉銀行(人事評価に反映)

800以上
住友不動産 野村不動産 日立製作所(経営幹部) 三井住友(総合職全員の努力目標) KDDI(事務・技術職の配属、異動) 日本マクドナルド

750以上
丸紅(入社5年目社員) 三井物産(入社3年目社員) 三菱商事(課長クラス) 楽天(上級管理職・部長級)

730以上
ソフトバンク 武田薬品 京葉銀行(人事評価に反映) 日本IBM(次長) 住友商事(管理職) 住友商事 双日 丸紅 三井物産 三菱商事 NTTコミュニケーションズ(新人の1年間派遣権利)

700以上
NTT東日本 ファーストリテイリング 三菱電機 ヤマト運輸 ブリジストン 東京電力 三菱自動車(事務職) 伊藤忠商事(入社4年目社員) シャープ(課長職) ファーストリテイリング(本部管理職) キリンビール(事務・技術職の配属、異動) 楽天(課長級) 伊藤忠商事 資生堂 シャープ みずほ証券

650以上
アサヒビール 佐川グローバルロジスティクス シチズンホールディングス 日立製作所(課長) 双日(主任クラス) ソニー(係長級・課長級) ブリヂストン(開発企画職上級) 楽天(係長級)

これは新卒採用時に学生に対して求めるスコアではなく、社員に対して評価/昇進/業務/海外赴任選抜時等に求めるスコアです。

しかし、もしこれらの大手企業にエントリーする場合はこれらのスコアを基準にあなたのスコアを判断される可能性が高いです。
そのような意味でグローバルに事業を展開しているような大手企業にエントリーする場合は

最低650点

あった方がいいと思います。

 

まとめると

一般企業では最低550点、人気大手企業では650点必要だと考えてください。

ちなみに私の就職活動時は550点です

これは本当の話です。。偉そうに色々と書いてしまい恐縮です。

私の現在の勤め先やエントリーした会社は上記のスコア一覧に名前が入っている会社ですが、英語力に一度も言及されることなく内定をもらうことができました。
今考えるとゾッとしますが、当時は英語力以外の点で面接官にアピールしたいポイントがたくさんありましたし、上記の企業の面接では自身のこれまでの経験や問題意識について触れられることが多かったです。
私が就活してから5年以上経っていますし、あまり無責任なことは言えませんが、結局最終的に見られているのは「あなたがどういう人間なのか?」ということだと思います。
昨年までリクルーターもしていたので分かりますが、例えTOEICのスコアが満点の学生さんでも、自身の経験をアピールしきれていないと不採用になっていました。
英語も重要ですが、自己分析や企業分析等もおろそかにしないようにしましょう。

*自己分析の方法については下記の記事でシェアしているので、是非チェックしてみてください。

自己分析を1時間で終わらす方法 “STEP 1 ストーリー作り”

TOEIC短期間スコアアップに不可欠な教材

短期的に何とか600点前後までスコアを上げたいという方には、下記単語帳がおススメです。

この単語帳は文脈から英単語を覚えられるようになっている構成で、単語のみでなく文法の勉強やReadingの訓練に適している単語帳です。

まさに1石2鳥にも3鳥にもなる教材です。

私もこの単語帳に出会い、3ヶ月で550点→790点までスコアを伸ばすことができました

就活前で忙しい場合は、全て終わらす必要はなく、半分まで完璧に仕上げるだけでも全然変わってきます

▼ 当ブログの就活関連記事

● 私の失敗談

1時間で終わらす自己分析 編

● STEP 1 ストーリー作り

● STEP 2 問題意識の明確化

● STEP 3 理想の働き方

企業分析編
● 企業分析で抑えるべき3つのポイントと効率的な方法

● 入社後のミスマッチとは?大企業を入社3年以内に辞める理由

TOEIC編
● TOEICのスコア低いとヤバイ?最低何点あればいいの?(今ココ

エントリーシート編

● 「学生時代に頑張ったことは何ですか?」対策。

⇒ テンプレートを作って、効率的に使いまわそう!

就職活動カテゴリの最新記事