自己分析を1時間で終わらす方法 STEP 3 “理想の働き方”

自己分析を1時間で終わらす方法 STEP 3 “理想の働き方”

就職活動で必要と言われている「自己分析」

色々な方法があり、マニュアルによってはやる事が多く時間もかかり結構めんどくさくないですか?

今回は私が体験した就職活動初期の失敗を活かし、シンプルかつ短時間で必要な要点だけを整理できる方法をご紹介します。

私はこの方法を使いエントリーした全ての企業の最終面接まで進むことができました

もし、あなたが就活がうまくいってない/自己分析のやり方が分からない/めんどくさいと感じたら是非チェックしてください。

今回は自己分析 STEP 3“理想の働き方を考える”です。

Step 1/Step 2をご覧になってない方は、下記のリンクから是非チェックしてみてください。

1時間で終わらす自己分析 編」
STEP 1 “ストーリー作り”

STEP 2 “問題意識の明確化”

 STEP 1 / STEP 2 のおさらいとSTEP 3 について

STEP1はストーリー作成でしたね。自分が持っている承認要求(価値観)を中心に強みや能力、それらが活かされた具体的なエピソードをパッケージでリストアップしました。加えて自分が働く上で大事にしたい承認要求(価値観)に順位付けをし、あなたが社会人になって大切にしたい価値観が明確になったと思います。

STEP 2では優先順位の高いストーリーを進化させました。各ストーリーに付随するあなたの問題意識を明確化し、それをあなたのどのような強みを活かして乗り越えていったのかをエピソード付きでブラッシュアップさせましたね。

これらは過去の自分を振り返ることで、あなたの本質を明確/理解にするために行いました。このパートは今後ES/面接等であなた自身をアピールするために使う大事なパートなので、就活期間中は日々見返すようにしてください。

さて、今までは過去の自分を見てきたので今回のSTEP 3 では未来の自分について考えていきたいと思います。将来どのような働き方をしたいのか、視野を広げて考えていきたいと思います。今回のポイントは企業選定/分析で非常に有用な情報になりますので、広い視野で取り組んでみてください。

スポンサーリンク

 どのような働き方をしていきたいか

考えるポイントは人様々だと思いますが、私が自己分析を行った際に考えたポイントを以下に共有したいと思います。これらのポイントに素直な自分の答えを出し、大事にしたい希望に優先順位をつけてください

 将来的に海外で働きたいか?

国内で就職活動をしているとはいえ、将来的な海外駐在希望の有無は企業選択に関わってくると思います。グローバル化が進行している今、企業側としても総合職の採用をする際に大変興味がある部分です。

 どのような成長をしていきたいのか?

社会人として働き続けるにあたり、日々成長していくことは非常に大事なことです。しかし、難しいのはここでの成長の定義です。ひとくくりに成長と言っても、組織や職種によって望まれている成長が違います。従い、あなたが今段階でどのようなイメージで今後成長していきたいか、抽象的で結構なので頭に入れておくと企業分析時に有効です。

 どの規模の会社で働きたいのか?

大企業?中小企業?新興(ベンチャー)企業?働きたい組織の規模に規模によって、企業選択は変わってきます。それぞれの規模にメリット/デメリットありますので、是非様々な情報を集めてあなたに合った規模を選択してください。

 給料はどのくらい欲しいのか?

四季報はもちろん、最近は転職サイトの無料会員でも見れる情報になっています。個人的には、転職サイトの推定年収の方がリアルに近い数字だと思うので、興味がある方は転職サイトを覗いてみてください。

 

以上が私が実際に就職活動中に行った自己分析になります。

このレベルまでの自己分析が出来ていれば、今後のステップで必ず役立つと思います。

 

次回は業界/企業分析について、共有していきます。

▼ 当ブログの就活関連記事

● 私の失敗談

1時間で終わらす自己分析 編

● STEP 1 ストーリー作り

● STEP 2 問題意識の明確化

● STEP 3 理想の働き方 (今ココ

企業分析編
● 企業分析で抑えるべき3つのポイントと効率的な方法

● 入社後のミスマッチとは?大企業を入社3年以内に辞める理由

TOEIC編
● TOEICのスコア低いとヤバイ?最低何点あればいいの?

エントリーシート編

● 「学生時代に頑張ったことは何ですか?」対策。

⇒ テンプレートを作って、効率的に使いまわそう!

就職活動カテゴリの最新記事