トヨタがAmazon/Uber等と提携 移動型サービス車両「eパレット」を発表

トヨタがAmazon/Uber等と提携 移動型サービス車両「eパレット」を発表

トヨタ自動車はインターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムやライドシェア大手のウーバー・テクノロジーズなどと提携し、自動運転や電動化技術を用いて小売りや外食、配送などさまざまな事業者が活用できる移動車両サービスに取り組むと発表しました。これはラスベガスで開かれた国際家電見本市(CES)で発表。

トヨタの発表資料によると、アマゾン、ピザハット、配車サービスを手がける米ウーバーや中国の滴滴出行、マツダが初期パートナーとして参画し、実証事業などを進めていくとのことです。
「eパレット」と名付けられた専用EVコンセプトは、バスのような箱形の低床形状とし、全長4メートルから7メートルまで三つのサイズを備えることを想定しており、内装に手を加えることでライドシェアやホテルの客室、宅配、小売店などさまざまな用途に応用できるようにする。トヨタの理想としては、2020年の東京オリンピックでeパレットプロジェクトをデビューさせるのが直近の目標。将来的には複数の事業者による1台の車の相互利用なども視野に入れており、2020年代前半に米国などで実証試験を実施する予定のようです。
トヨタはこのサービスの展開にあたり、車両制御のインターフェース(規格)を外部に開示。これによりさまざまな企業が開発した自動運転システムの搭載が可能になるとしている。

スポンサーリンク

アメリカでは懐疑的な意見も

eパレットの早期導入を目指すトヨタに対して、近い将来解決するべき点があるとする声もあります。

日本語

トヨタのeパレットビジョンは興味深く、CES関連のコンセプトとしては魅力的だ。しかし、実現可能性の根拠が乏しい。もしかしたら、自動車メーカーが開発したこの中が透けているデリバリーロボットが実際に路上で使われることはないかもしれない。専門家は、自動運転車両は人が運転する車両に接触しないようにするために、当面は地理的に隔離された区域内で管理/運用されるであろうと考えている。その場合、トヨタのモビリティコンセプトが、大学キャンパスや退職者コミュニティなどの自己完結型環境の外でどのように運用されるのかは今後明らかにしていかないといけないだろう。

原文

It may be tempting to lump Toyota’s e-Palette vision into other CES-related concepts that sound interesting but have little basis in reality. Indeed, the automaker’s see-through robo-delivery things may never actually hit the streets. Experts predict that autonomous vehicles will be contained within geo-fenced areas for many years to prevent them from coming into contact with human-driven vehicles. If that’s the case, it’s hard to see how Toyota’s mobility concept will have much application outside self-contained environments like college campuses or retirement communities.

Source;Toyota’s ‘e-Palette’ is a weird, self-driving modular store on wheels

 

つまり、アメリカの一部の専門家は、ドライバーなしでの自動運転技術を搭載した車両の公道での使用は、段階的な導入が必要であるという見方があるようです。

競合他社はGoggleやAppleだと言い切った豊田社長

車の役割が自動運転技術やライドシェアサービスの普及等からアメリカでも変わろうとしています。過去には所有することに意義や楽しみがあった車も、ITメーカーの創造的破壊により、移動手段の道具としての性格を強めています。
国際家電見本市(CES)での豊田社長の会見では、

TOYOTAを自動車会社からモビリティ会社へ変化させることが目標。
“It’s my goal to transition Toyota from an automobile company to a mobility company.”
現在の自動車会社の競合は Google Apple Facebookである
“Automaker’s latest competitors, Google Apple and Facebook.”

等の発言がありました。

新規参入者により競争の土俵が変わってきており、あのトヨタでさえその潮流に喰らいつくという覚悟が見えた会見だったように思えます。

Source; Toyota introduces e-Palette, its mobile retail space

ビジネス/企業カテゴリの最新記事